築年が古い中古住宅の場合


平成12年の建築基準法改正以降、木造住宅の構造について、耐力壁のバランスも含めて強化されましたので、適法な建物であれば概ね安全と考えられます。しかし、それ以前、規制緩和の一環として、簡易な構造に関する規定が設計者である建築士の良心に委ねられていた時期があり(平成17年の耐震偽装事件以降、建築士の信頼性も大きく揺らぎ、今では考えられないことですが)、必要壁量について行政のチェックが十分でなかった可能性の高い時期があります。平成12年以前の建物については、地元で長年の実績がある工務店や大手のハウスメーカーなど十分信頼性のおける建築業者やデベロッパーの物件を選ぶのが無難です。建築業者やデベロッパーの信用力を調べるのも、とても大切なことです。

<建物の四隅を開口部にした住宅の場合>
リビングなどにコーナー出窓を設けた住宅をよく見かけます。建物の四隅を開口部にすると開放的で魅力十分ですが、建物の構造上はあまり好ましくありません。構造上最も有効な建物四隅の耐力壁を設けることができないからです。建物のコーナーを開口部にするのは1か所とし、コーナー開口部の多い建物は構造安全性が低くなることに注意しましょう。

『壁量計算』
壁量計算は、地震力は重量(床面積)により、風圧力は風を受ける建物の面積(「見付面積」といいます)によることから、地震力に対しては各階の床面積に建物の構造、規模、階に応じて決められた係数をかけて、風圧力に対しては各階の間口方向(梁間)・奥行方向(桁行)ごとの面積に区域に応じて決められた係数をかけて計算します。


大阪府で引越しを検討中の方はぜひ,鶴橋駅周辺にて賃貸マンションを探してみませんか?
コリアンタウンとしてイメージされる人も多いかと思いますが,鶴橋駅の西側は意外とそういったこともなく,落ち着いた印象を受けます。大きな病院もあるため,生活しやすいです。そんな鶴橋エリアの賃貸マンション情報について確認しませんか?

北千住エリアでの賃貸物件が今,アツいんです!東京都内の賃貸物件は,家賃もそれほど高くなく,住環境としても文句はないでしょう!
ファミリー層から学生,単身赴任などで一人暮らしの方などにもお勧めのエリアなんですよ!
東京都で引越しを考えている方はぜひこの機会に北千住エリアで賃貸物件を探しませんか?

新宿の北に位置している高田馬場エリア。学生が多く、とても賑わっているエリアです。周辺には有名大学なども多いので,学生に人気の食堂や喫茶店も多いエリアです。不動産情報に関しても,学生向けの物件も多いようです。主に賃貸が殆どのようで,中には仲介手数料無料の物件もあるので,学生さんにとってはとてもいい条件であると言えますよね。間取りも学生さんや単身者向けの物が多いようなので,学生さんや単身者の方でなかなか賃貸物件が探せていないと言う方は,ぜひ高田馬場エリアでも物件を探してみてはいかがですか?仲介手数料無料と言ったお得な物件ってなかなか見つけられないので,この機会がチャンスかと思います。http://www.earthfudousan.jp/line_search1_ef/station_ef1/bknsta_ef1080/