木造住宅の構造安全性


<細長い敷地に建てられた住宅の場合>
地価水準が高い都心部では、もともとは大きな敷地だったところを細かく分割し、建物を建てて分譲しているケースをよく見かけます。このような敷地は、一般に間口が狭く、奥行きが長い短冊状の土地で、建物はいわゆるウナギの寝床のように細長くなっていて、主に2階建てですが、3階建ても多くあります。これらの住宅は、住まい選びをする方には特に注意してもらいたい物件です。このような小規模分譲住宅の多くは、ただでさえ狭い敷地の間口に玄関と駐車場(カーポート)を設けるため、間口方向の耐震壁を設けづらくなっています。
カーポートをあきらめれば何とか耐力壁を設けられるのですが、それでは販売するうえで不利なため、確認申請上はカーポート部分に耐力壁を設けておきながら、実際には施工しないで建築したのではないかと思われる物件があります。また、3階建ての1階部分の耐力壁が明らかに不足していると思われる物件も珍しくありません。

したがって、このような短冊状の敷地に建てられた住宅を購入する場合には、建築確認はもちろん、検査済証がある(建築確認検査機関や行政の検査を受けてパスしている)ことが必要条件となります。また、中古住宅の場合は、建築基準法で木造建物の構造に関する規定が強化された平成12年以降の物件を選ぶべきです。なお、短冊状に細長い敷地は、普通の整形な土地に比べて、問口狭小による減価、奥行長大による減価があるものとして、その価格が低く評価される傾向があることも覚えておいてください。


今里エリアで新しい生活を始めませんか?今里エリアは天王寺まで12分ほどでアクセスすることが可能でまた,梅田にも30分で移動できるので通勤で困ることもないでしょう。
またエリア内はコリアンタウンとして形成されており,とても住みやすいんです。
そんな今里エリアの賃貸マンションについて確認しませんか?
今里エリアには賃貸マンションが充実しているので、ぜひ一度調べてみて下さい!

府中駅から徒歩3分の所に立地している,サンスクエアプレミアで新しい生活を始めませんか?
こちらの物件はオートロック付きの物件ということもあって,女性の方でも安心して住まえる環境となっています。デパートなども近くにあって,住むにはオススメなので、ぜひ一度、サンスクエアプレミアでの詳細についてご確認ください!

大阪市の24区のうちの一つ,阿倍野区。都心という事もあり,徒歩圏内に銀行やスーパー,コンビニが揃っています。それでていて,街の雰囲気は静かで落ち着いているエリアなんです。
電車の本数も沢山走っているので,便利な賃貸物件が阿倍野区なら見つけることができるでしょう。大阪でどこに引っ越そうか悩んでいる方がいましたら、ぜひ阿倍野区の賃貸情報について確認してみて下さい!