木造住宅の構造安全性チェック


最も一般的と思われる木造2階建ての戸建住宅を例に、地震などに対する安全性のチェックポイントについて考えてみましょう。『安全性に関して検討すべき水平力』建物に外部からかかる横向きの力を「水平力」といい、地震のときの水平力は「地震力」、台風のときの水平力は「風圧力」です。建築基準法では、小規模な木造住宅の場合の建物安全性について、地震のときの地震力と台風のときの風圧力に対する安全性を検討することを原則として義務づけています。

『安全性検討の方法』
木造住宅の場合は、①鉄筋コンクリート造などと同じように詳細な構造計算により安全性を確かめる方法、②地震などの力に抵抗する壁の量(「壁量計算」または「軸組計算」といいます)により安全性を確かめる方法(簡便法)がありますが、一般には②の壁量計算が多く採用されています。壁量計算とは、建物に対する水平力(地震力・風圧力)に建物が耐えられるように、建物の床面積(地震力)と外壁の面積の大きさ(風圧力)に応じて必要な壁の量(壁量)を求め、安全性を検討する方法です。
2階建てまでの木造建物にこのような簡便法が認められるのは、我が国では伝統的な建築工法である木造建物の実績が豊富にあり、その安全性が実証されているからです。一方、構造計算は、法令による所定の計算により構造安全性の検討を行い、柱や梁の1本ごとの計算から、耐力壁の耐震・耐風強度、床剛性、偏心、基礎などの計算を行うもので、小規模な木造建物についてまでこのような詳細な計算を求めるのは、時間、コスト、労力の点で今のところ現実的ではないのです。
ただし、3階建て以上の建物や500㎡を超えるような大規模建物などの場合は、木造であっても原則として構造計算が必要となります。

<壁量>
建物の壁は、地震力などの水平力に対して抵抗力を持つものとそうでないものがあり、水平力に抵抗できる壁を耐力壁といいます。壁量計算とは、その建物に必要な耐力壁の量(壁量)を求めることをいいます。壁量とは、前述のとおり、地震力・風圧力に建物が耐えられるように建物の床面積(地震力)と外壁の面積の大きさ(風圧力)に応じて必要な壁の量ですが、具体的には、耐力壁の長さで表示され、所定の計算により求めた必要壁量(長さ)よりも耐力壁の量(長さ)が多ければ安全ということになります。

<耐力壁>
木造建物の耐力壁は、筋かいを入れたものが一般的です。筋かいについての詳細は、「筋かい」の項を参照してください。


神奈川県で引越し先を探し中だという方はいますか?いましたら,ぜひ相模原市の相模大野駅から徒歩7分の所に位置しているスカイビル2で新しい生活をスタートさせませんか?
スカイビル2は都市ガスを利用していることもあって光熱費を安く抑えることが可能なんです!
少しでも節約をしたい方はぜひスカイビル2の物件詳細についてご確認ください!

尼崎市での賃貸生活を考えているのでしたら立花エリアでの生活はいかがでしょうか。
尼崎市の立花エリアの賃貸物件で暮らすことをお勧めします。立花エリアは治安が良いエリアとして知られていますよね。街の中は人通りが多いですし,商業施設などのお店も沢山あって夜中でも明るいことが理由として挙げることができるでしょう。
もちろんお買い物する事もできるので,尼崎市の立花の賃貸物件での生活を始めませんか?

生駒市と言えば奈良県の中でも大阪府の隣に存在し,そのちょうど境に生駒山があり,電車で長いトンネルを抜けると大阪へ辿り着きます。また,生駒山にはケーブルカーが通っていて,遊園地まで行くことも出来ます。家族で引っ越し先を見つけるなら,レジャー施設が近くにあるかどうかが重要ですが,自然な豊富な生駒市であれば十分な住環境となるでしょう。
また,交通の便でも非常に優れていて,近鉄奈良線で難波まで快速で20分,奈良駅まで15分と各方面への通勤・通学にも便利です。
新築一戸建てを考えるなら,こうした自然環境と都心部へのアクセスの良さは重要ですよね。広々としたLDKがあれば友達をたくさん呼べますし,南向きの日当たり良好な家だったら,ベランダで洗濯物を干すのも楽しくなりますね!
ぜひとも生駒市の一戸建てで充実したマイホーム生活を送ってみませんか?